mv

img 介護のフランチャイズ

認可の厳しい介護事業は、開業以前に準備しておく事が多く、事業開始後でも、経営が安定するまでに時間を要するケースが多くあります。
介護事業という性質上、医療機関や自治体との連携が必要なシーンも多く、
他団体の信頼を得て、協力しあいながらサービスを提供していく必要がありますが、このコネクション作りには大変な労力と時間を費やしますので、起業はしたものの、コネクション作りに失敗してしまい、利用者を得られず、早々に事業をたたまなければいけなくなったというケースも少なくありません。

介護事業の起業は、制度や性質上、非常にハードルの高いものになっている
現状にありますので、起業以前から入念に運営準備をしておく必要があります。前述した通り、自分一人で介護事業を立ち上げる場合には、相当な知識と
ノウハウを持っていなければ成功しませんが、フランチャイズ経営形態をとって起業するケースでは、スタート位置が大きく変わります。
個人で会社を設立して、ゼロから介護事業を立ち上げるのとは異なり、介護知識や経験がない方であっても容易に開業できることに加えて、豊富な経験と知識を専門的観点から得ることができますので、介護事業の運営クオリティが格段に
上がります。本部の研修を受け、準備段階から様々なリスク対策をしておけば、立ち上げの失敗を避けられますし、事業を開始してからでも、本部サポートで
運営上に生じる様々なリスクをカバーできます。

介護事業の運営に、有資格職員の確保は必要不可欠ですが、フランチャイズ経営の大きなメリットとして、人材の確保に苦労しないという点も挙げられます。
本部からサポート人材を派遣してくれたり、様々な媒体に対して求人広告を
出してくれるサービスもあります。個人運営よりも様々な面でメリットを得られリスクカバーもできますので、未経験者や新規参入の方には、フランチャイズ
経営をお勧めします。

img 独立開業支援のフランチャイズ比較NET : http://www.fc-hikaku.net/